自己愛の必要量と適応戦略

その人が健全に得られる自己愛、すなわち基本的自己愛や健全な信念による自己愛よりも、その人が必要とする自己愛量が上回っていると、それは不健全な形で供給路を見出す。心の健康な人は、この健全に得られる自己愛量が十分大きく、その人が生きる上で必要な総量をそれだけで満たしてしまう。だが多くの人が、必要とする自己愛が健全な量であっても、それに見合う健全な自己愛を現実に得られていない。それは主に適切な親子や兄弟、家族、友人間の情緒的交流の欠如による。そのため彼らは何らかの形で自分の必要自己愛量を満たそうとする。それは他者に対する優越であったり、支配であり、これが兄弟間、友人感の不仲となって表れる。学校社会における競争の奨励は、こうした自己愛満足方法に正当性を与えてしまう。さらに年齢を重ねると、彼らは様々な方法での不健全な自己愛満足の方法があることを学習する。経済力は、それ自体が優越性の証となって自己愛満足に寄与するほか、モノの所有、そして様々な趣味を可能にすることを通して間接的にも不健全な自己愛満足を提供する。業績もまた、仕事による社会奉仕という免罪符を与えられた自己愛満足の方法と見ることができる。だがこれらが結果としてではなく目的として追求されるとき、往々にして周囲との人間関係が犠牲になる。こうした不健全な自己愛満足のうち、社会的に正当性が与えられるものは、いずれも現状に満足できない者がナルシシスティックな幻想を抱き、現実の自分を幻想に一致させようとするものである。一方、過食やゲームへの没頭などは社会的には高い正当性を与えられないが、同じく不健全な自己愛満足の供給路として機能する。この種の不健全な自己愛行動は、歪んだ形で身体に影響を与える。過食の表現型は肥満であり、ゲームや勉学業績への没頭は視力障害をもたらす。アルコール中毒やタバコ依存も同様である。若くして異常な業績を上げたり、高い学歴を有することも、これと同じように解釈することができる。日本において医師の資格を取ること、特に一流大学医学部へ進学することは、それを目指すほとんどの者にナルシシスティックな学問姿勢を要求するものであり、自己愛不全を抱えた者の行動の結果とも捉えられる。

現実と幻想との乖離の程度、あるいは身体や人間関係の歪みの程度は、そのまま必要自己愛量と現実に得られている自己愛量との乖離の程度に置き換えられるだろう。自分が必要とする自己愛量と現実の自己愛満足が乖離したとき、取られる戦略は2種類に大別される。必要量を現実に合わせようとした結果が回避性パーソナリティ、現実を必要量に合わせようとした結果の極端なものが自己愛性パーソナリティという見方ができる。自己愛性パーソナリティも回避性パーソナリティも、根底には健全な自己愛満足の絶対的な不足がある。

不健全な自己愛満足には満足の持続性がない。それは瞬間風速的には自己愛満足をもたらすが、すぐに欠乏感を生じる。業績を追求する人が次々に何かを達成し「続け」ないと満足しないことは、組織の成長や繁栄には寄与するが、それは彼らの不健全な自己愛満足が刹那的であることの裏返しでもある。それは底の抜けたバケツに水を貯めようとするものである。温かな人間関係や、健全な信念の実践から得られる満足には持続性がある。信念からくる一貫性は積み重ねるほどに本人に充実感をもたらし、個々の情緒的交流は思い出となって長期的な満足をもたらすのと同時に、築かれた人間関係もまた刹那的なものではなく、人付き合いとして繰り返し情緒的交流を生む機会を提供するという意味でも持続性がある。

自己愛の必要量の肥大も縮小も、充実した人生を送る上での最良の戦略とは言えない。最良の方法は、自分が得ている自己愛満足のうち健全な部分を増やすよう努力し、それを本来人間が得て然るべき健全な大きさに近づけていくことではないだろうか。